スキーツアーの宿泊先の選び方

日本人の冬のレジャーといえば、やはりスキーです。

年配の方も愛好者が多いですし、家族連れも多く見受けます。


また最近では、カーヴィングスキーやショートスキーなどが、若者を中心に楽しまれています。

ゲレンデはだいたい12月にオープンし、1月・2月にかけてピークをむかえ、3月いっぱいでクローズとなります。
その間にもいろいろな年代のスキーヤーが訪れるのです。

宿泊スキー情報に関する耳より情報を公開しています。

日帰りの方もいらっしゃいますが、宿泊して翌日も滑ったり、周辺を散策したいという方もいらっしゃるでしょう。
また、温泉施設が近くにあるスキー場であれば、冷えて疲れた身体を癒すことも含めて、楽しみとなります。

そこで、宿泊施設選びはとても重要なのです。
もし、いかに長い時間滑ることが出来るかが重要なのであれば、ゲレンデに近い宿を抑えると良いでしょう。

ナイター営業でも滑りたい方は、夕方に宿に戻ってきて少し休憩してから、また滑りに行くということも可能です。

また、お子様連れの方も出来るだけ、移動距離の短い場所にあるホテルを抑えることをおすすめします。雪道を徒歩で移動するのは、大人にとってもかなり疲れます。

@niftyニュースについて知っておくと便利なことが良く分かるお得なサイトです。

お子様にとっては、尚更です。

少し距離が離れたホテルであっても、無料の送迎バスを出しているところがあります。それなら少しでも負担は軽くなるのではないでしょうか。



少しでも安く抑えたいという方は、ゲレンデから離れた場所にあるところを選ぶか、部屋や料理のグレードを落として選ぶという方法があります。
自分の条件にあわせて、いろいろと探してみてください。